プロフィール


名前 竹花 正弘 (たけはな まさひろ)
履歴 1974年東京生まれ。
熊本大学卒業後、唐津市のあや窯で3年修行し、2003年に独立。
1年間の窯づくりと小屋作りを経て、現在に至る。
窯の場所 佐賀県唐津市厳木町大字浪瀬字苔御堂
虫や鳥の音しか聞こえない山の中。天山の眺めが美しいところです。
《展示場》
JR厳木駅前。とりあえず、器を見られるように、自宅に展示しています。普段は山にいますので、興味がある方は、必ずメール等で確認のうえ、お越しください。
ひとりごと 薪で焚く割竹式登り窯は、とてもロスが多い・・・。私がこの窯にこだわる理由、それは古唐津を手本としているからで、耐火煉瓦でなく粘土で作られた窯は炎の反射が柔らかいといわれています。柔らかい焼き(器の質感の柔らかさ)を求め、この窯を作りました。また、素材となる陶土は力強く焼きしまり、美しい緋色(炎の照り)が出るような、焼きと土作りを求めています。
takehana yama